0995-63-2259
癒やしの石

加治木石

『鹿児島の貴重な文化財』

鹿児島大学総合研究博物館 大木公彦館長も絶賛。

加治木石は、約60万年前に噴出した火砕流の擬灰岩で、岩石は硬いが多くの気泡を持つことで熱を伝えにくく、断熱性・保湿性に優れ、湿気を取る性質があります。従って室内の温度・湿度を一定に保つ効果が期待でき、省エネや環境にやさしい石材です。また、和洋どちらの住まいにもマッチし、流行に左右されない気品のある空間創りをお手伝いします。

加治木石

加治木石

加治木石パンフレット

加治木石パンフレット
大木 公彦教授

推薦者

鹿児島大学総合研究博物館

館長大木 公彦教授

1947年生まれ。

鹿児島大学総合研究博物館の館長、理学博士。

鹿児島の自然を愛し、それを伝えることに、最上の喜びを感じている。

主な著書:
「鹿児島湾の謎を追って」
「写真集 地球からのメッセージ鹿児島」

加治木(二背戸・ふたせど)石は、加治木が海の中だったころ、海底噴火によって火砕流が発生し、当時の海底を火砕流が覆ってできた火砕流堆積物(凝灰岩)。海底噴火の時代は約60万年前なので、北京原人の出現した頃である。

岩石は硬いが多くの気泡を持つことで熱を伝えにくく、断熱性、保湿性に優れ、湿気をコントロールする性質がある。したがって室内の温度、湿度を一定に保つ効果が期待でき、省エネや環境にやさしい石材と言える。

加治木石とそっくりな関東にある大谷石も、海水中に堆積した凝灰岩で、耐火性・耐震性・加工性に優れ、代表的な建築用軟石として知られている。今では採石しつくされたこともあり、貴重な加治木石を鹿児島の文化財として支援していきたい。

使用例

  • 外壁材、内壁材
  • 暖炉の回り
  • 外柵の塀、門柱
  • 石のコレクションなどに

標準規格

厚み2cm、3cm
250×250
250×500
200×400

※受注後、加工品の為、納期及び制限がございますのでお問い合わせくださいませ。(運賃別途)